NBAプレーオフ2022

基本情報

今シーズンも盛り上がりを見せるNBA。
10月から始まったレギュラーシーズが終了し、現地4月16日からNBAの頂点を決めるプレーオフが始まりました。ここでは、NBAプレーオフ2022についてご案内をいたします。

2020-2021シーズンの優勝チーム

ミルウォーキー・バックス(イースト)

2021-2022シーズンのプレーオフの主なラウンドの開催予定期間

ファーストラウンド 2022年4月16日から2022年5月1日前後
カンファレンスセミファイナル 2022年4月30日前後から2022年5月15日前後
カンファレンスファイナル 2022年5月15日前後から2022年5月31日前後
NBAファイナル 2022年6月2日から2022年6月19日

フォーマット

ファーストラウンドからNBAファイナルまで7戦4勝先勝方式になります。
2-2-1-1-1という試合の開催形式になります。

NBAプレーオフ

NBAファイナル

シーズンの最後を締めくくるNBAファイナル。今年の組み合わせは、ドンチッチ率いるマーベリックスを4勝1敗で退け3年ぶりにファイナルの大舞台に帰ってきたウォリアーズと、最終第7戦までもつれる混戦のなか、バトラーの獅子奮迅の活躍を撥ね退け念願のファイナル進出を決めた若きセルティックスとの対戦となりました。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ対ボストン・セルティックス

2022年6月2日(木)NBA Final Game 1   サンフランシスコ チェイスセンター
2022年6月5日(日)NBA Final Game 2   サンフランシスコ チェイスセンター 
2022年6月8日(水)NBA Final Game 3   ボストン TDガーデン
2022年6月10日(金)NBA Final Game 4 ボストン TDガーデン
2022年6月13日(月)NBA Final Game 5 サンフランシスコ チェイスセンター
2022年6月16日(木)NBA Final Game 6 ボストン TDガーデン
2022年6月19日(日)NBA Final Game 7 サンフランシスコ チェイスセンター


ファーストラウンドでは、上位シードが全カード4勝2敗で勝ち上がる順当な展開となったウェスト。続くカンファレンス・ファイナルでは、カリー率いるウォリアーズがグリズリーズを4勝2敗で下すと、最終第7戦までもつれたサンズ対マーベリックスは、序盤から大量リードを奪ったマーベリックスがそのまま勝負を決め、去年のウェスト王者を下してカンファレンス・ファイナル進出を決めました。

ウェストのカンファレンス・ファイナルは、カリー、トンプソン、グリーン擁するウォリアーズ対、若きエース ドンチッチ率いるマーベリックスの対戦となりました。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ(3)対ダラス・マーベリックス(4)

Game1 2022年5月18日(水) サンフランシスコ チェイスセンター
Game2 2022年5月20日(金) サンフランシスコ チェイスセンター
Game3 2022年5月22日(日) ダラス アメリカン・エアラインズ・センター
Game4 2022年5月24日(火) ダラス アメリカン・エアラインズ・センター
Game5 2022年5月26日(木) サンフランシスコ チェイスセンター
Game6 2022年5月28日(日) ダラス アメリカン・エアラインズ・センター
Game7 2022年5月30日(月) サンフランシスコ チェイスセンター

ウェスト同様に上位4チームが順当な勝ち上がりを見せたイースト。第1シードのヒートは、シリーズ序盤にエース エンビードを怪我で欠いていたシクサーズに対して、持ち味のディフェンスを武器に4勝2敗でシリーズを制すと、第7戦までもつれたバックス対セルティックスは、ミドルトンを欠く苦しい戦いとなったバックスが最後は力尽き、セルティックスがカンファレンス・ファイナル進出を決めました。

イーストのカンファレンス・ファイナルは、強力なディフェンスと組織力の高さが持ち味のヒート対セルティックスの組み合わせとなりました。

マイアミ・ヒート (1)対ボストン・セルティックス (2)

Game1 2022年5月17日(火) マイアミ FTXアリーナ
Game2 2022年5月19日(木) マイアミ FTXアリーナ
Game3 2022年5月21日(土) ボストン TDガーデン
Game4 2022年5月23日(月) ボストン TDガーデン
Game5 2022年5月25日(水) マイアミ FTXアリーナ
Game6 2022年5月27日(金) ボストン TDガーデン
Game7 2022年5月29日(日) マイアミ FTXアリーナ

観戦旅行について

2022年3月より入国の際の自主隔離が緩和されたようで、帰国後は公共の交通機関を使うこともできるようです。
しかし、PCR検査は今の段階でまだ必要で、日本出発は24時間前の陰性証明の提出、そして最大の問題は、帰国便に乗る際に出発時刻から72時間前以内のPCR検査を受け、陰性証明の提出があるという点です。
ここで陽性になった場合、陰性になるまで搭乗することはできず、基本的に約2週間はアメリカから出ることができません。
そのため、今後、予定通りのご旅行のためには、帰国便のPCR検査がなくなることが最大の焦点になります。
プレーオフは、最長で6月中旬まで開催されます。その間、更に緩和されるようであれば、日本からの観戦も道筋が見えてきます。

尚、アメリカ国内もオミクロン株の発生以降、また会場への入場が厳しくなっていましたが、例えば、ニューヨークの場合、3月7日より、ヤンキースタジアム、マディソンスクエアガーデン、バークレイセンターなどは、ワクチン接種証明書、陰性証明書の提示の必要が無くなりました。

カリフォルニア州サンフランシスコのチェイスセンター、オラクル・パーク、またロサンゼルスのクリプトドットコムアリーナ(旧ステープルズセンター)、ドジャースタジアム、エンゼルスタジアム、ホンダセンターも4月1日から、ワクチン接種証明書、陰性証明書の提示の必要が無くなりました。

そのため、観戦自体はしやすくはなってきております。
また情報が更新され次第、アップデートいたします。

観戦ガイド

開催都市

チケット

過去のイベント


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名