プロボウルを観に行こう!

基本情報

NFLのオールスターゲームと呼ばれるのがプロボウルです。プロボウルは、1938年シーズンに第一回大会(1939年1月15日)が行われ、当初は、そのシーズンのチャンピオンチームとNFL選抜チームが対戦する形で開催されました。5年間この形式で開催された後、1950年シーズンからフォーマットを変更し、再開、1970年から2012年までは、AFC対NFCのプロボウルとして開催されました。
しかし、レギュラーシーズンやプレーオフのような真剣勝負ではなく、試合内容も緩いものだったため、プロボウルの開催意義に関して不満が募ったこともあり、2013シーズンのプロボウル(開催2014年1月26日)からはレジェンドがドラフトで選手を指名する形式に変更。3シーズンこの形式で開催されたものの、2016シーズンのプロボウルからまたAFC対NFCのフォーマットに戻りました。
プロボウルは、2008シーズンまでは、スーパーボウルの後に開催されておりましたが、スーパーボウルこそがNFLの最後の試合にふさわしいということから2009シーズンよりスーパーボウルの開催の前の週に変更されました。
1979シーズンから2015シーズンまでのほとんど(2014シーズンはアリゾナ、2009シーズンはフロリダ)をハワイのアロハスタジアムで開催してきましたが、2016シーズン以降は、本土での開催となっており、フロリダ州オーランドで4シーズン開催し、ラスベガスでの開催となっております。
ここでは、2022年のラスベガスでの開催の観戦をもとにプロボウル観戦の楽しさをご案内いたします。

観戦ガイド


NFLオールスターが集結するのが「プロボウル」。
真剣勝負であるレギュラーシーズン、プレーオフ、スーパーボウルと異なり、選手もリラックスして参加するイベントになります。
2015年まではほとんどがハワイのアロハスタジアムで開催されていたプロボウルですが、ここ数年は、アメリカ本土で開催され、フロリダ州オーランドで5シーズン、2020シーズンはコロナのため中止になりましたが、2021シーズン(開催2022年)はラスベガスでの開催されます。
NFLのスター選手が一同に集まるのはなかなか見れる機会はありませんし、選手を生で見るには絶好のイベントと言えます。
そのラスベガスでの開催される2022年のプロボウルの観戦ガイドになります。

開催都市


2022年のプロボウルはラスベガスで開催されます。会場は、2020年にオープンしたレイダースの本拠地となるアレジアントスタジアムになります。
このスタジアムの総工事費は18億ドル(約2000億円)。長年に渡りオーナーを務め、現在のレイダースのビジョンを創り上げた偉大な人物であるアル・デイビス氏のレガシーに敬意を表した巨大トーチ「アル・デイビス メモリアルトーチ」がある特徴的なスタジアムです。この25.9メートルの高さがあるトーチは、レイダースの試合の際に点火されます。
このスタジアムは、日本の札幌ドームのように天然芝と人口芝のフィールドを入れ替えることができ、NFLのレイダースの試合の際は、天然芝のフィールドが敷かれます。
ラスベガス大通りにあるルクソールやマンダレイベイに宿泊すると徒歩で楽に行けるスタジアムになります。

チケット


何千ドルもするスーパーボウルのチケットに比べると、安く買えるのがプロボウルになります。
例えば、ラスベガスのプロボウルの定価の一番安い座席は80ドルからとなり、4大スポーツのオールスターのイベントの中では、最安値となります。
少し前までは、プロボウルのチケットは、トロフィーがデザインされた格好いいハードチケットでしたが、現在は、すべてのチケットが電子化されており、スマートフォンに表示させての入場になります。

過去のイベント


プロボウルと言えば、ハワイで開催されている時期が長く、NFLファンの方でもハワイに観光に行きながら楽しめるイベントでした。しかし現在は、フロリダ州、そして2022年はラスベガスとアメリカ本土での開催になっております。
ここでは、過去にハワイで開催されたプロボウルの記憶を収めております。


    アンケートのお願い

    このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。

    件名