レッスルマニアを観に行こう

 

まさにプロレスの祭典という名がふさわしいレッスルマニア。
年に一度、巨大なスタジアムを超満員にし、すべてのファンを楽しませます。
2018年のニューオリンズで開催されたレッスルマニアではまさかの結末に驚いた方も多かったのではないでしょうか。2019年はニューヨークになります。

2013年以来のニューヨーク大会です。
前回とは様相は変わるかもしれませんが、前回の写真などをご案内しながらイメージをつかんでいただければと思います。
ニューヨーク大会でとにかく重要なポイントは、4月のニューヨークの野外のスタジアムでやる点です。
ちなみに今年のニューヨークの4月初旬はヤンキースの開幕戦が雪で順延になりました。
そのような悪天候もあり得るのが野外スタジアムです。
座席選びには十分注意が必要になります。

レッスルマニアの楽しみ方

アクセスを楽しむ!

レッスルマニア開催の木曜日からファンイベントのアクセスが開催されます。
アクセスとは、会場近くのコンベンションセンターなどで開催されるイベントで、中に入ると、往年のレスラーがサインコーナーでサインをしてくれたり、WWEの歴史などに触れることができるファンなら涙物のイベントになります。

アクセスは、まず、開門前は、ジェネラルアドミッションが大変な列となります。例えば、午前8時からのアクセスであれば、8時15分から30分ぐらいまでは、なかなか列が進みません。
VIPチケットは入口も別で並ばないで入れるという大きなメリットもあり、また、スーパースターからのサインもほぼ確実にもらえます。
定価自体高く、また数に限りがあるので、大変取りづらいものになりますが、好きな人は十分に元が取れるものになりそうです。

持ち物について

基本的には、会場の持ち込みポリシーが適用されるようです。
水、飲み物などは持ち込めない可能性が高いです。
あまり大きいバッグは持ち込み不可だとと思います。
ニューヨークのアクセスでは、一眼レフは大丈夫でした。

中に入る

ニューヨークの場合は、アリーナでの開催だったため、アリーナのエリアで開催されるイベントと、コンコースで開催されるイベントに分かれていました。
例えば、フロアレベルでは、子供向けのおもちゃの展示や、子供用の遊べるリングや、後は、リングが設置され、ちょっとした試合など行われ会場のオーディエンスを盛り上げてくれます。

ただ、やはりアクセスの目玉はスーパースターやレジェンズからサインをもらえることでしょう。
VIPチケットはほぼ確実にスーパースターからサインをもらえる魅力がありますが、一般チケットでも、並びはするものの数多くのスーパースターからサインをもらえ、一緒に写真を撮ることができます。
写真は誰かに撮ってもらうしかないので、ぜひ、一緒にWWE好きな人といきたいですね。

ホール・オブ・フェイムを楽しむ

wwe_hall_of_fame

レッスルマニア開催の前日の夜に開催されるのが、WWEホールオブフェイムです。このイベントは、純粋に殿堂入りを表彰するもので、基本的には、インダクター、表彰者のトークがメインとなります。

2013年はニューヨークのマディソンスクエアガーデンで開催され、ミック・フォーリー、ブッカーTなどが殿堂入りを果たしました。

かなりコアはファンは楽しめかも、というイベントでしょうか。
本当に好きなレスラーが表彰されるというときは、行く価値のあるイベントになりそうです。

ここで表彰されるとレッスルマニア当日にも会場で紹介されます。
まだ2019年での開催場所は決まっていませんが、おそらくNBAの会場となマディソンスクエアガーデン、またはバークレイズセンターになるのではと思います。

グッズを買う

WWEものすごい数のファンが木曜日のアクセスからレッスルマニアまで足を運びます。
レッスルマニア当日になるとお目当てのTシャツなどサイズがなかったり、ずべて完売になることもあります。
アクセスなどであれば、まだ在庫にも余裕がありますので、グッズを買うタイミングとしては、早め早めがよさそうです。
せっかく行ったのに、何も買えない・・・
なんてことのないように気をつけましょう。

このツアーに興味を持っていただく方は、きっとレッスルマニアだけを見るためにご渡米されると思っております。
私たちにできること、それはただ、手配するだけではなく、お客様のご希望を聞き、それに合ったものをご提案することです。
そのため、座席選びに関してはとことんお付き合いいたします。

レッスルマニアを楽しむ

 アクセスに行き、ホール・オブ・フェイムにも参加したら、もう後は、レッスルマニアを楽しむだけですね。

マンデーRAWを楽しむ!

レッスルマニアの翌日に開催されるマンデーRAWはレッスルマニアとセットで見ていただきたいイベントです。

前回のニューヨークでは、アイゾッド・センターで開催されましたが、今回は、バークレイズセンターが有力ではないかと思います(サマースラムの会場)。

イベントインフォメーション

イベント名:WrestleMania 35
開催日程:2019年4月7日(日)
会場:メットライフスタジアム

こんなご体験をされております(お客様の声)

アメリカンスポーツ観戦ツアーズでお手配させていただいたWWEの観戦ツアーのご感想をいただいております。

DSC03155_R P1640855 IMG_1980_R
今回、急なお願いだったにもかかわらず、とてもスピーディーで丁寧な対応をしていただき、中野様には大変感謝しております。
短い滞在期間でしたが、NY観光、レッスルマニア観戦と、とても楽しむことができました。
もっと読む
WWEレッスルマニアツアー無事に終わりました。 大変良かったですありがとうございました。 リングサイドも良かったですが、僕はスタンドの方が全体的に見えておもしろかったです。 WWEアクセスは自分の予想以上に良かったです。 イスは自分で持って帰ってきました。
もっと読む
おかげさまで大変いい観戦旅行ができました。
初めて訪れたアメリカで、しかもニューオリンズということで初めは不安でしたが、事前のお打ち合わせと心強いサポートで無事にいくことができました。
もっと読む

メットライフスタジアムについて

アクセスガイド


より大きな地図で ニューオリンズ(NFL) を表示

ご宿泊ホテル

ホテルにつきましてはご希望に応じてお探しすることもできます。
いくつかご観戦、ご滞在に便利なホテルをピックアップさせていただきますので、ご参考にください。
ご宿泊先のホテルのリクエストがございましたらお気軽にお申し付けください。

Penn Hotel

ホテル・ペンシルバニア

1919年にオープンした、客席数が1700室の大型ホテル。
マンハッタンの玄関とも言える「ペン・ステーション」の目の前に位置しております。
マディソン・スクエア・ガーデンの目の前にあるホテルですので、アクセスがとても便利です。
もっと読む

kitano

キタノ・ニューヨーク ホテル

1973年にオープンした、客室数が149室の18階建てのホテル。
ミッドタウン・イーストに位置しております。近隣の観光スポットは
ニューヨークのランドマーク、「エンパイア・ステート・ビル」へ徒歩10分程度、
数々のブランドショップが建ち並ぶ、「5番街」までは、徒歩5分程度で行く事が出来ます。
もっと読む

hilton new york

ヒルトン・ニューヨーク

1963年にオープンした、客室数が1981室の大型ホテル。
ミッドタウンの中心に位置しているので、ロケーションは最高です。マンハッタンの憩いの場、「セントラル・パーク」までは徒歩10分
数々のブランドショップが建ち並ぶ「5番街」や「ニューヨーク近代美術館」へは徒歩5分の場所に位置しております。
また、徒歩15分~20分で「タイムズ・スクエア」に行くことも出来ます。
もっと読む

holiday inn

ホリデイ・イン ニューヨーク シティ ミッドタウン 57番街

1964年にオープンした、客室数が597室の10階建てのホテル。
ミッドタウン・ウエストに位置しております。近隣の観光スポットは、マンハッタンの憩いの場「セントラル・パーク」まで徒歩10分
クラシック音楽の殿堂「カーネギー・ホール」や「リンカーン・センター」も徒歩10分程度で行く事が出来ます。
もっと読む

hyatt place

ハイアット プレイス ニューヨーク ミッドタウン サウス

2013年3月14日にオープンしたばかりの客室数が185室のホテル。
ミッドタウンに位置しております。近隣の観光スポットは、昼も夜も常に大勢の人たちで賑わい
夜になればきらびやかなネオンで彩られる、「タイムズ・スクエア」へ徒歩15分程度
ニューヨークのランドマーク、「エンパイア・ステート・ビル」へ徒歩5分程度で行く事が出来ます。
もっと読む

ウォルコット

ホテル・ウォルコット

1904年にオープンした客室数が171室の12階建てのホテル。
ミッドタウンに位置しております。近隣の観光スポットは、ニューヨークのランドマーク、「エンパイア・ステート・ビル」へ徒歩5分程度、数々のブランドショップが建ち並ぶ、「5番街」に隣接しております。
もっと読む

観光を楽しみたい!

ナイアガラフォールズ

ナイアガラの滝

せっかくニューヨークまで来たのなら、少しだけ足を伸ばして、「ナイアガラの滝」を体験してみませんか?
「イグアスの滝」、「ビクトリアの滝」、そして、ここ「ナイアガラの滝」は、世界三大瀑布と言われており
誰もが知っている世界でもとても有名な滝の一つです!
もっと読む

自由の女神

自由の女神

ニューヨークへ来たら、是非とも見ておきたいのは、やっぱり「自由の女神」ですよね!
「自由の女神」は、マンハッタンの南に位置する「リバティ島」という小さな島にある世界でとても有名な像です。
もっと読む

ブロードウェイ

ブロードウェイミュージカル

せっかくニューヨークまで来たのなら、世界でも最も有名なエンターテイメント
「ブロードウェイミュージカル」を観劇してみませんか?
ブロードウェイで上演されている作品は、ミュージカル界でも世界最高峰と言われております!
もっと読む

空港からのアクセスガイド

タクシー

タクシー

ターミナルの前にあるタクシー乗り場からマンハッタンへ。料金は、だいたい60ドルくらいです。
(マンハッタンまで45ドル均一 + 有料道路通行料6.50ドル + チップが7.50~10ドル程度)
所要時間は、道路の混み具合にもよりますが、1時間程度みておいた方がいいと思います。
乗り方のコツとしては、行き先(ホテル名、住所)をメモなどに書いてドライバーに渡すことです。
そうすれば、特にしゃべる必要はありません。

スーパーシャトル

スーパーシャトル(ゴー・エアーリンク)

各ターミナルから交通案内カウンターがありますので、そこで予約します。
伝えるのは名前と行き先ぐらいで、お金はドライバーに払う形です。乗り合いタクシーのようなものなので
自分の他にも色々なお客さんが乗っています。
料金は1人19ドルからで、目的地によって異なります。所要時間は道路の混み具合にもよりますが、
1時間以上みておいた方がいいと思います。というのは、他のお客さんも乗っているため
自分が何番目に送り届けてもらえるのか分かりません。
マンハッタンに入ってからホテルを回ると結構時間が掛りますので、その点、時間にゆとりがある場合に使うべき手段だと思います。

エアトレイン

エア・トレイン&LIRR

エア・トレインでジャマイカ駅へ行き、LIRRに乗り換えて「ペンステーション」へ。
料金はエア・トレインが5ドル + LIRRはピーク時は8.75ドル
オフピーク時は6.25ドルで、合計は11.25ドル~13.75ドルです。
エア・トレインは10分おきくらいに来ますが、LIRRの間隔はおおよそ30分ぐらい。
ジャマイカ駅から、25分~30分程度でペンステーションに着きますが、乗換えの時間を考えると、所要時間は1時間程度。
地下鉄に比べてLIRRは車内が広いので、スーツケースもそれほど邪魔になる事はないと思います。
渋滞がないので、ある程度時間を読めるのがメリットです。
初めての場合、注意したのは、ペンステーションに降りてから、どの出口にでるか、というところです。
特に夜だと自分の位置が分からなくなることもありますので、この辺は頭の中にいれておきましょう。
それでも慣れると便利な移動手段です。

送迎のお手配

送迎をお手配

マンハッタンまでの行き方はいろいろあるけど、やはりどうしても心配という場合は、送迎のお手配を致します。
その場合は、お気軽にお申し付けください。