ミネアポリスへ行こう!

前田健太投手が移籍したミネソタ・ツインズの本拠地があるのがミネアポリス。
ミネアポリスとセントポールはツインシティと呼ばれ、ミネアポリスには、NFLのミネソタ・バイキングス、NBAのミネソタ・ティンバーウルブズ、MLBのミネソタ・ツインズがあります。
セントポールには、NHLのミネソタ・ワイルドがあります。
ミネアポリス・セントポール国際空港へは、日本からはデルタ航空が直行便を飛ばしており、乗り換えなしでもいける都市ですので、ちゃんとした情報があれば、初めての人でもいける都市なはずです。

この機会に、ミネアポリス・セントポールでの観戦をご検討されている方へ、少しでも後押しになれば、幸いです。

ミネアポリス/セントポールの大まかなエリア

基本的にスポーツ観戦を中心とした目線で、歩いてきていますので、一般的な観光視点ではありません。ですので、詳しい方に言わせると、もっと色々なエリアがある、ということになると思いますが、スポーツの観戦を中心とした場合、以下のエリアを中心に考えてください。

ミネアポリス

ミネアポリスのダウンタウンは、おおよそ徒歩で回れるぐらいですが、冬は寒いので、外を歩くのはつらいです。幸いミネアポリスは、外に出なくてもスカイウェイがあるので、ダウンタウンは快適に歩くことができます。
ダウンタウンの中心地というとニコレットモールというショッピングモールの付近となり、このあたりに、ミネソタ・ティンバーウルブズの本拠地があります。USバンクスタジアムは、この中心地からは徒歩で20分ぐらいの場所になり、コンベンションセンターは10分ぐらいでしょうか。
市内はライトレールが走っています。ですので、徒歩10分のところをライトレールに乗ればすぐですが、ミネアポリスは非常に町はきれいですので、寒ければ、スカイウェイを歩くなどして歩きで十分回れる都市になります。

主な観光スポット

ターゲットセンター
ターゲットフィールド
USバンクスタジアム
ニコレットモール

セントポール

ミネアポリスはツインシティと呼ばれます。セントポールがそのツインシティの1つです。
空港からだと、ミネアポリスのダウンタウンもセントポールもそれほど距離は変わりません。
セントポール、ミネアポリスのダウンタウン間もグリーンラインというライトレールが結んでいるため、セントポールを拠点にしてミネアポリスのダウンタウンに行っても問題ありません。
ただ、セントポールはホッケーの町であり、1つの町です。ミネアポリスのおまけではありません。タクシーなどでダウンタウンへお願いします、と言っても、しっかりミネアポリスのダウンタウンと言わないとやはり地元の人にとっては違う町なので、気を付ける必要はあります。

主な観光スポット

セント・ポール大聖堂
エクセルエナジーセンター

ミネアポリス・セントポール国際空港

日本からはデルタ航空が直行便を飛ばすミネアポリスの空港周辺は、モール・オブ・アメリカという巨大モールがあります。ここはミネアポリス観光の1つの目玉になります。

主な観光スポット

モール・オブ・アメリカ

ペイズリーパーク PAISLEY PARK

プリンスのスタジオであるペイズリーパークもこのミネアポリスの観光スポットの1つです。
空港から車で20分から30分ほど離れたエリアになりますが、ファンなら必ず行きたい場所の1つになります。

空港からホテルへ

ライトレール

空港からダウンタウンへつながっているので、非常に使いやすい地下鉄です。
料金的にも魅力的ですが、ホテルロケーションが重要です。
ミネアポリスの場合、ライトレールの駅から少しホテルが離れているケースがあったり、グリーンラインはミネアポリスからセントポールを結んでいるものの、意外に離れているので、宿泊エリアにより使うべき交通機関が異なります。

以下がブルーラインと、グリーンラインの路線図になります。
ミネアポリスのダウンタウンエリアは、USバンクスタジアムからターゲットフィールドまでのブルーとグリーンの両方が止まる駅になります。

一般的には、ミネアポリスのダウンタウンのホテルで、USバンクスタジアムからターゲットフィールド間のエリアであれば、ライトレールの選択もありますが、セントポールに関しては、UBERやタクシーを使うべきでしょうか。

UBER

道が空いていれば、ミネアポリス、セントポールともに、空港間は20分ぐらいの距離です。
車では時間が読めない可能性があるので、ある程度幅をもたせたい所です。
UBERを使うとおおよそ20ドルが空いている時間帯の料金の目安になります。
これも混んでいると倍以上になることはありますので、使う時間帯によってとしてください。

ミネアポリス/セントポールでのスポーツ観戦

ミネソタ・ツインズ観戦

MLBのミネソタ・ツインズの本拠地となるターゲットフィールドは、ダウンタウンエリアにあり、非常に良いロケーションです。ダウンタウンエリアに宿泊されていれば、基本的には徒歩で行くこともできますし、少し離れたところであれば、ライトレールを使うこともできます。

チーム:ミネソタ・ツインズ
本拠地 ターゲット・フィールド
所在地 1 Twins Way, Minneapolis, MN 55403
収容人数 39,504人

ミネソタ・バイキングス観戦

NFLのミネソタ・バイキングスの本拠地となるUSバンクスタジアムは、ダウンタウンエリアにあります。ターゲットフィールドと反対側のダウンタウンエリアになります。NFLは冬のシーズンの試合ですが、ミネアポリスはダウンタウンエリアに宿泊されていれば、外に出なくてもスカイウェイで移動できるので、基本的には徒歩で行くこともできますし、ライトレールを使うこともできます。

チーム:ミネソタ・バイキングス
本拠地 USバンクスタジアム
所在地 401 Chicago Ave, Minneapolis, MN 55415
収容人数 66,655人

ミネソタ・ティンバーウルブズ観戦

NBAのミネソタ・ティンバーウルブズの本拠地となるターゲットセンターは、ダウンタウンエリアにあります。ターゲットフィールドに近いエリアになります。NBAは冬のシーズンの試合ですが、ミネアポリスはダウンタウンエリアに宿泊されていれば、外に出なくてもスカイウェイで移動できるので、基本的には徒歩で行くこともできます。

チーム:ミネソタ・ティンバーウルブズ
本拠地 ターゲットセンター
所在地 600 N 1st Ave, Minneapolis, MN 55403
収容人数 19,356人

ミネソタ・ワイルド観戦

NHLのミネソタ・ワイルドの本拠地となるエクセル・エナジー・センターは、セントポールのダウンタウンエリアにあります。ミネアポリスのダウンタウンからはグリーンラインでセントポールまで行き、徒歩で会場にい行く流れです。非常に熱狂的なファンで埋まるアリーナです。キャパも2万人以上と大きくなります。

チーム:ミネソタ・ワイルド
本拠地 エクセル・エナジー・センター
所在地 199 W Kellogg Blvd, St Paul, MN 55102
収容人数 20,554人

ミネアポリスの関連ツアー

1

【2021シーズン ミネアポリス 1階席指定】 ミネソタ・バイキングス ホームゲーム 観戦ツアー

日程 2021年09月01日  ~ 2022年01月04日
料金 詳細をご覧ください
開催地 ミネアポリス
会場 USバンク・スタジアム

NFLの2021シーズンのスケジュールは、4月中旬以降の発表を予定しております。スケジュールが発表された状況でコロナウィルスの影響がどの程度まで残るか不透明な状況です。今後、全米のスポーツイベントが再開されていく中で、ある程度、見通しが立つ可能性もありますので、ご観戦をご検討の場合は、状況を見ながらご対応をさせていただく形となります。

同地区のパッカーズ、ベアーズがプレーオフに進む中、2020シーズンのバイキングスは、プレーオフに進むことなくシーズンを終えました。 ここ数年、惜しいところまで行くものの、壁を破れないファンにとってはもどかしいシーズンが続 … 続きを読む

【2020-2021シーズン セントポール】1階席指定 ミネソタ・ワイルド観戦ツアー

日程 2021年01月13日  ~ 2021年05月10日
料金 お問い合わせください
開催地 セントポール
会場 エクセル・エナジー・センター

コロナウィルスの影響で、NHLは例年とデビジョンが変わっております。カナダのチームはカナダでの開催となっております。開幕は1月13日となり、レギュラーシーズンは5月8日までを予定しております。
当面は、無観客での開催になりそうです。お問い合わせをいただいた方には海外旅行ができるような状況になり次第、改めてご提案をいたします。

こちらのページでは、NHLのニューヨーク・レンジャースの観戦ツアーをご案内しておりますが、コロナウイルスの影響で、海外での観戦が難しい状況です。 そのため、2020-2021シーズンの開催についてを中心にご案内をしており … 続きを読む

【2020-2021シーズン ミネアポリス 1階席指定】ミネソタ・ティンバーウルブズ ホーム観戦ツアー

日程 2020年12月22日  ~ 2021年07月22日
料金 詳細をご覧ください
開催地 ミネアポリス
会場 ターゲット・センター

コロナウィルスの影響で、当面は無観客試合になる見込みです。
仮にファンを入れての開催になった場合でも日本からアメリカへのご旅行がまだ難しい場合もございます。
観戦ツアーに関しては、コロナの前と後で観戦のスタイルに変化があるかなども含めてのご対応になります。そのため、お問い合わせからご成約までは多少お時間をいただきながら慎重にご対応させていただきます。

2020年3月。 NBAを含む世界中のスポーツは、新型コロナウィルスによるパンデミックの影響を受けました。 約4ヶ月の中断期間を経て、オーランドで行われたバブルは成功に終わったものの アメリカ国内の感染拡大は、いまだ収束 … 続きを読む

1