ファイナルフォーを観に行こう!

大学バスケの最高峰、NCAAトーナメント。
全米No.1を決めるべく毎年3月から行われるこのトーナメントは、別名マーチ・マッドネス(3月の熱狂)と呼ばれ
バスケットボールファンはもちろん、OBであるNBA選手や、財界の著名人さらに大統領までが勝敗に注目する
全米屈指のイベントとなっています。

その準決勝・決勝は通称“ファイナル・フォー”と呼ばれ
2019年のファイナル・フォー(Final Four)の舞台は、ミネソタ州ミネアポリスとなりました。
アップセット必至の熾烈なトーナメントを勝ち抜き、全米No.1の栄冠を手にするのはどの大学なのか!?
今年も白熱した戦いに期待です!

NBAの未来を担うスター候補生達の活躍や、NCAA独自のルール、学生とブラスバンドの熱狂的な応援や
NBAを遥かに超える巨大スタジアムでの開催など、NBAとはまた一味違う本場のバスケットボールをぜひ現地でご体験ください。

ここでは、ファイナルフォーのご観戦のご紹介です。

Final Fourのスケジュール

2019年4月6日 NCAA Final Four - National Semifinals

2019年4月8日 NCAA Final Four - National Championship

トーナメント表

Final Fourの楽しみ方

ファイナルフォーは、試合だけではなく、開催週を通じてイベントが開催され、多くのファンがその町を訪れます。
ファイナルフォーの開催週の楽しみ方をご紹介いたします。

ファンフェスト The NCAA Final Four Fan Fest

アメリカでは、スーパーボウルにしても、NBA、MLBオールスターにしてもその開催週にファンイベントを開催します。
このイベントは、そのスポーツを体験できるものだったり、歴史に触れるものだったりします。

おおよそ値段は10ドル前後に設定されます。開催は金曜日から月曜日になります。

2018年のサンアントニオ大会の様子

2019年 ミネアポリス大会のファンフェスト

開催日:2019年4月5日(金)から8日(月)
開催場所:Minneapolis Convention Center

ミュージックフェスティバル NCAA MARCH MADNESS MUSIC FESTIVAL

2018年のサンアントニオでは、コンベンションセンターの隣のエリアで特設ステージを作り、ミュージックフェスティバルが開催されました。
無料のイベントのため、非常に多くのファンが集まりました。
特に日曜日のイベントは、マルーン5が登場。会場は大混乱になり、早い時間帯で入場規制がかかりました。

4月1日(日)午後3時から午後10時

Maroon 5 / OneRepublic /Panic! At The Disco / Daya

このメンツで無料とは信じられないですね。ミネアポリスは寒いので、開催は未定です。

試合観戦 Semifinals/Championship

2018年は、サンアントニオのアラモドームで開催されました。準決勝は2試合観戦ができます。
一般のファンは、1枚のチケットで2試合見れますので、各大学の応援スタイルなども合わせて楽しむことはできます。
ゴール裏は大学の応援席となり、ここは入れ替えで出場大学の生徒などが入る形になります。

SEMIFINALS

Championship

試合後

2018年のサンアントニオでは、終了後、チームが指定の場所で優勝の報告会的なイベントをしました。
夜中の12時30分スタートという驚きの時間帯だったのと、場所がわかりづらかったので、それほど大規模なものではありません。
チームもトロフィーを持って登場後、10分ほどで帰りました。

USバンク・スタジアムについて

 ファイナルフォー(2019年)の開催スタジアムは、USバンク・スタジアムとなります。
NFLのミネソタ・バイキングスの本拠地となり、収容人数は約6万7000人前後ですが
バスケットボール開催時は、更にフィールドに座席が増えることになりますので、7万人超となる可能性があります。

所在地:401 Chicago Ave, Minneapolis, MN 55415
ホームチーム:ミネソタ・バイキングス
収容人数:66655人

座席表

座席表  印刷に適したPDFファイルはこちらから→  (別ウィンドウで開きます)

USバンク・スタジアムの座席ガイド

3階席(300レベル)のコーナー

3階席の上のほうからの見え方のイメージとなります。かなり階段を上がります。

3階席(300レベル)のエンドゾーン

3階席のエンドゾーンだとこのような見え方のイメージとなります。

3階席(300レベル)のサイドライン

3階席のサイドラインはこのようなイメージとなります。

1階席(100レベル)のエンドゾーン

1階席になると迫力が十分感じられます。

1階席(100レベル)のコーナー

1階席のコーナーになると流れも見やすくなってきます。

1階席(100レベル)のサイドライン

1階席のサイドラインでスーパーボウルを観るのはすべての人のあこがれになります。

ミネアポリスの街について

2019年のファイナルフォーは極寒の地、ミネアポリスでの開催になります。

基本的にスポーツ観戦を中心とした目線で歩いてきていますので、一般的な観光視点ではありません。
ですので、詳しい方に言わせるともっと色々なエリアがある、ということになると思いますが
スポーツの観戦を中心とした場合、以下のエリアを中心に考えてください。

ミネアポリスダウンタウン 

ミネアポリスのダウンタウンは、おおよそ徒歩で回れるぐらいですが、冬は寒いので外を歩くのはつらいです。
幸いミネアポリスは、外に出なくてもスカイウェイがあるのでダウンタウンは快適に歩くことができます。

ダウンタウンの中心地というとニコレットモールというショッピングモールの付近となり
このあたりにミネソタ・ティンバーウルブズの本拠地があります。
USバンクスタジアムはこの中心地からは徒歩で20分ぐらいの場所になり、コンベンションセンターは10分ぐらいでしょうか。

市内はライトレールが走っています。ですので、徒歩10分のところをライトレールに乗ればすぐですが
ミネアポリスは非常に町はきれいですので、寒ければスカイウェイを歩くなどして歩きで十分回れる都市になります。

主な観光スポット

ターゲットセンター
ターゲットフィールド
ニコレットモール

セントポールダウンタウン 

ミネアポリスはツインシティと呼ばれます。セントポールがそのツインシティの1つです。
空港からだと、ミネアポリスのダウンタウンもセントポールもそれほど距離は変わりません。
セントポール、ミネアポリスのダウンタウン間もグリーンラインというライトレールが結んでいるため
セントポールを拠点にしてミネアポリスのダウンタウンに行っても問題ありません。

ただ、セントポールはホッケーの町であり、1つの町です。ミネアポリスのおまけではありません。
タクシーなどでダウンタウンへお願いします、と言っても、しっかりミネアポリスのダウンタウンと言わないと
やはり地元の人にとっては違う町なので、気を付ける必要はあります。

主な観光スポット

セント・ポール大聖堂
エクセルエナジーセンター

ミネアポリス・セントポール国際空港

日本からはデルタ航空が直行便を飛ばすミネアポリスの空港周辺は、モール・オブ・アメリカという巨大モールがあります。
ここはミネアポリス観光の1つの目玉になります。

主な観光スポット

モール・オブ・アメリカ

ペイズリーパーク Paisley Park

プリンスのスタジオであるペイズリーパークもこのミネアポリスの観光スポットの1つです。
空港から車で20分から30分ほど離れたエリアになりますが、ファンなら必ず行きたい場所の1つになります。