レイカーズを観に行こう!

2018年のオフで最も注目される1人となっていたレブロン・ジェームスがレイカーズに電撃移籍する事となりました。名門レイカーズへの移籍は、シーズンに向け大きなインパクトになります。

近年、低迷をしていたレイカーズですが、名門のプライドからか、チケット代自体は、安売りをしませんでした。
同じ会場のクリッパーズは強くてもリーズナブルに見れ、レイカーズは弱くても高いというのがここ数年の傾向でしたが、高いレイカーズのチケット代はさらに高くなることは必至です。

アメリカのイベントは、人気が出ると、買えないのではなく、値段が高くなるというのが一般的です。
そのため、毎年人気の高い開幕戦、そして地元の開催があればクリスマスゲーム、後は、相手だとウォリアーズ、ロケッツ戦は、驚くような価格帯になる可能性はあります。

いままでレブロンがいたクリーブランドやマイアミは、日本から直行便がなくレブロンを地元のチームで応援するということができなかったファンの方も多いかと思います。
ただ、レイカーズのチケット代は高いです。その点は覚悟が必要になります。

ここでは、本拠地ステイプルズ・センターの基本的な情報などを、ご紹介いたします。

2018-2019シーズンのスケジュールについて

2018-2019シーズンのスケジュールは、8月中旬ごろに発表される予定です。
発表までしばらくお待ちください。

ステイプルズ・センターの基本情報

ステイプルズ・センターについて

名称:ステイプルズ・センター
所在地:1111 S Figueroa St, Los Angeles, CA 90015
収容人数:18118人

ゲートオープンの時間について

レイカーズの試合は、試合開始の1時間30分前にドアがオープンになります。
これはレギュラーシーズンでも基本的には変わらないと思います。
ステイプルズセンター周辺は近年、かなり変貌を遂げており、会場の前のマイクロソフトスクエアには、レストランなどもあり、早めに到着してもこの辺で食べたり、スターバックスでコーヒーを飲んだりすることはできます。

ステイプルズセンターの周辺について

ステイプルズセンターの前は、マイクロソフトシアター(コンサート会場)、後は、レストランなどがあります。スターバックスは入りやすいですね。

荷物について

プロフェッショナルカメラ、ビデオカメラなどの持ち込みはできません。
レンズのサイズの規定が明記されていないので、持ち込みは係員の判断となりそうですが、目安は、35mm以下となりそうです。
試合中のフラッシュを使っての撮影は厳禁ですので、ご注意ください。
*一眼レフは持ち込みが難しい会場です。

子どものチケット

ステイプルズセンターのイベントは、2歳未満のお子様であればチケットは要らず、保護者のひざ上で観戦できます。ただ、ファミリーイベントなどの場合は、全員必要な場合もあります。

ステイプルズ・センターの座席のご紹介

座席表

ステイプルズ・センター座席表(NBA) 印刷に適したPDFファイルはこちらから→  (別ウィンドウで開きます)

300レベル

ステイプルズ・センターの300レベルは、3階席となります。
この会場は、100レベル、200レベルの1階席と300レベルの3階席の間に多数のスイート階層があります。

そのため、300レベルからは選手の顔をしっかり見るのは難しくなります。
ただ、プレーオフという1試合も負けれない緊張感の中では、300レベルでもとにかく会場の中でその雰囲気を感じることが
生で観戦するだいご味でもあります。

プレーを見るという場合は、100レベルの座席へのアップグレードをお勧めしますが、
まずはNBAの雰囲気を感じるということに比重を置く場合は、300レベルでもその目的は達成できると信じます。

プレミアレベル

ステイプルズ・センターの1階席後方のコーナーからサイドのエリアです。

ここはクラブ席ですので、コートから遠いから安いということはありません。
どちらかというと、サービスがある分、1階席のサイドよりもチケット代は高いこともあります。
入口も専用ゲートがあり、コンコースには専用レストランもあります。
観戦以外のおもてなしを受けることができる座席です。
当然、プレーの流れは一番見やすい座席です。
少し離れた場所から全体の流れを見つつ、少し優雅に観戦したいという場合はお勧め度が高い座席になります。

200レベル

プレミアレベルと同じ階層ですが、サービスが付いておりません。
この200レベルは、100レベルと同じトンネルから入り、上に行く座席です。
プレミアレベルのエリアへのアクセスはできず、1階席の後方、ゴール裏からの観戦となります。
300レベルよりは、選手の顔などもしっかり見えてきます。
そのため、少しでもプレーの迫力をという場合にはお勧めです。

100レベル

ステイプルズ・センターの1階席です。
会場の作りの関係上、コートとスタンドの座席を埋めるため、ゴール裏には、13席のフロアシートが設けられます。
これは、列番号がアルファベットで記載され、このエリアは、非常に近く感じます。
ゴール裏の100レベルの列番号1というのは、14列目ですので、ご注意ください。

サイドも2列、アルファベットの座席があります。
そのため、ROW:1は3列目となります。

100レベルで見れるのは理想ですが、価格が高くなります。
担当者と自身のご希望とご予算を打ち合わせながら例年の傾向から手配を任せる形がベストでしょう。

座席について考える

折角行くなら、最高の座席で、とお考えの方は多いかと思います。ただ、最高の座席とは、その人の目的により変わります。

ステイプルズセンターの場合は、1階席サイドのA列、B列についてしっかり考える必要があります。
この列は、近いです。
ただ、近い=見やすいというわけではありません。

目的がしっかりしてないと、思わぬ高い買い物になるのがこのA列、B列の座席です。

まず、このエリアはどうなっているかという点です。
A列というのは、コートに付いている座席ではなく、コートについているコートサイドから通路を挟んで、1列目になります。そのため、この座席の前には、101側であればオフィシャルがあります。そして、前の通路は他のファンも歩きます。

オフィシャルと段差がないというのは、見やすさを重視した場合、さて見やすい座席かというのは難しいところです。選手が近くて良い、というのと、プレーが見えるというのは全く違います。

A列に関しては、このように段差がないという意味で、安ければいいですが、高いお金を出したときに、その金額に見合うかというのは、目的によってきます。
選手をとにかく近くで観たいというのであれば、近さは抜群です。
しかしながら見やすさという点では金額に見合わない可能性があります。

発券方法の複雑化

近年、ステイプルズセンターのイベントはフラッシュシートというクレジットカードにチケットデータが入る仕組みに変わってきております。
去年までは、違っても新シーズンはどのような発券方法になるかというのは、例え、何度かチケットを買ったことのある経験者でも戸惑うことがあります。

レイカーズのチケットは、昨シーズンまでは、通常のハードチケット、Eチケット(PDF、QRコード)、フラッシュシートと多様化されておりましたが、2018-2019シーズンはまだ未定です。
アメリカのスポーツイベントは、シーズン中でも発券方法を変えることもありますので、ご自身で買う場合は、どのような受け取り方法か十分把握しないと、旅行前が不安だけになってしまうこともあります。

観戦に便利なホテル

会場のステイプルズ・センターはダウンタウン中心にあります。
イベント開催時のホテル代は非常に高く、場合によっては1泊400ドル、500ドル以上ということもありますので、あくまでロケーション重視でのご紹介です。

リュクス シティ センター ホテル
Luxe City Center Hotel
1020 S Figueroa St, Los Angeles, CA 90015

ステイプルズセンターの隣というイメージのホテルです。イベントデーは高くなる傾向にありますが、値段よりもロケーションという方には便利なホテルです。

ザ・リッツ・カールトン ロサンゼルス
The Ritz-Carlton, Los Angeles
900 W Olympic Blvd, Los Angeles, CA 90015

LAライブのエリアにある高級ホテルです。1泊10万円ぐらいは覚悟しないといけません。

レジデンス イン バイ マリオット ロサンゼルス LA ライブ
Residence Inn by Marriott Los Angeles L.A. LIVE
901 W Olympic Blvd, Los Angeles, CA 90015

こちらもステイプルズセンターに近いホテルです。やはり安いホテルではありません。

ホテル インディゴ ロサンゼルス ダウンタウン
Hotel Indigo Los Angeles Downtown
899 Francisco St, Los Angeles, CA 90017

レジデンスより少し会場から離れるもののこちらもステイプルズセンターに近いホテルです。値段もレジデンスと同じような高いクラスです。

インターコンチネンタル ロサンゼルス ダウンタウン
InterContinental Los Angeles Downtown
900 Wilshire Blvd, Los Angeles, CA 90017

ステイプルズセンターから徒歩10分ほど離れ、メトロの7thメトロセンター駅の近くにあるのがインターコンチネンタルです。新しいホテルになります。

会場から徒歩10分前後のホテルへのアクセスは・・・

初めてのロサンゼルス、ロサンゼルスは治安が悪い、治安が悪いとたくさんのガイドブックに書いてありますが、実際はどんなものでしょう?

徒歩10分前後・・・

初めて行くなら徒歩10分でも不安なものですよね。

ただ、近年、ステイプルズ・センターの周辺は、ノキアシアター、リッツカールトンなどの高級ホテルが建ち、エンターテイメントの中心地となっています。
もともとビジネス街で清潔なエリアでしたが、より一層、治安が安定しているエリアに感じられます。

このエリアは、試合終了後にフィゲロア・ストリートを歩く分にはそれほど危ないという雰囲気は感じないと思います。
少なくとも、車を停めるファン、地下鉄で帰るファンが多少なりとも歩いています。
そのため、シェラトン辺りは、初心者の方でも、歩いてアクセスができますね。

逆に、ステイプルズ・センターの周りは、試合終了後などは一方通行や通行止めになります。
ですので、タクシーを探してうろちょろするならまっすぐ帰るほうがいいと思います。

どうしても心配の場合は、送迎を依頼しておきましょう。

la_walk_01.jpg la_walk_02.jpg la_walk_03.jpg

終了後は歩くファンもいますので、
そのままホテルに向かいます。

ウィルシャー・グランドの手前まで来ると
こんな感じです。

ウィルシャー・グランドの周辺の道の様子。
このエリアはまだ安全といえます。

NBA観戦と合わせて観戦したイベント

アメリカでは、NBAのシーズンに合わせて、カレッジバスケが行われます。
カレッジバスケは、3月がマーチマッドネスと呼ばれるプレーオフのシーズンですので、2月中旬でレギュラーシーズンは終わります。ロサンゼルスの場合、UCLAは特に人気が高く、プロ顔負けのチケット代になります。
カレッジだから安いということはないので注意しましょう。

ステイプルズセンターからUCLAの本拠地となるポーリー・パビリオンまでは約20キロと少し距離がありますので、ご観戦をご検討の場合はアクセスにご注意ください。

UCLAブルーインズ

秋から冬の時期にかけては、NFLもあります。
2016年にセントルイスからラムズが、2017年にサンディエゴからチャージャーズが移転してきました。
現在、新スタジアムを建設中ですが、まだまだ新しいスタジアムができるまでには時間がかかります。
その間、ラムズは、ロサンゼルスのダウンタウンにあるコロシアムを本拠地に使い、チャージャーズは、カーソンにあるスタブハブセンターを本拠地として使います。
NFLの時期は、プレシーズンが8月。レギュラーシーズンが9月から12月いっぱいとなります。
こちらもチームの調子が良ければ、1月はプレーオフがあり、勝ち上がれば、すべてのチーム、選手の目標であるスーパーボウルへ行くことができます。

ロサンゼルス・ラムズ

ロサンゼルス・チャージャーズ

NHLは、アナハイム・ダックスとロサンゼルス・キングスの2チームがあります。
シーズンはほぼNBAと同じです。
アナハイム・ダックスは、エンゼルスタジアムの前にあるホンダセンターを本拠地となります。
ロサンゼルス・キングスはダウンタウンのステイプルズセンターが本拠地です。

NHLは、10月初旬にスタートし、4月初旬でレギュラーシーズンが終了。
プレーオフが4月中旬から6月初旬まであります。

アナハイム・ダックス
ロサンゼルス・キングス

4月のご観戦であれば、MLBと合わせてご観戦いただける可能性があります。ロサンゼルスには2つのチームがあります。

1つは、ロサンゼルスのダウンタウンエリアが本拠地のロサンゼルス・ドジャース、もう1つは、ディズニーランドの街アナハイムを本拠地とするロサンゼルス・エンゼルスです。
特にエンゼルスには大谷選手がおりますので、日程があえば、ぜひご観戦をしたいところではないでしょうか。

ロサンゼルス・ドジャース

ロサンゼルス・エンゼルス