【2017-2018シーズン】ゴールデンステイト・ウォリアーズ観戦チケットのお手配

日程 2017年10月17日  ~ 2018年04月07日
料金 詳細をご覧ください
開催地 サンフランシスコ
会場 オラクル・アリーナ

こちらは観戦チケット単体のお手配のご紹介です。

座席選べます座席
選べます
送迎オプション可送迎
オプション可
カードOKカード
OK
ホテル選べますホテル
選べます
このツアーへのお問い合わせ

カリー、デュラント、トンプソン、グリーンという、4人のオールスターを中心に
2016-2017シーズンに圧倒的な強さで優勝したゴールデンステイト・ウォリアーズ。

ウォリアーズの本拠地は、オークランド。オークランドはサンフランシスコが拠点となります。
サンフランシスコであれば、直行便も多数でており、個人旅行で気軽に行ける都市の1つです。
当社では、旅のトータルしたアレンジをご提案したいと考えており、経由地など直行便でないといけない都市に関しては
基本的に、経由地での観戦の可能性も含めて観戦ツアーをご案内しておりますが
ウォリアーズのように直行便がある都市で会場まで公共の交通機関があるチームに関しては
チケット単体のお手配でも、十分NBAの興奮を感じていただけると思います。

こちらではウォリアーズ観戦チケットの手配をご希望される方へのご案内となります。

ウォリアーズのチケットの基本情報を含めて、一通りチケットについてご説明をしております。
こちらを見ていただき、当社でチケットのお手配をご依頼される方は、お気軽にお問い合わせください。
まずは、お手配できるお席の詳細、お値段をメールでご案内いたします。
そちらを見ていただき、ご希望のものがあればお申込みいただくという流れとなります。

チケットのお問い合わせ方法

チケットのお問い合わせは、こちらのページの一番下の部分のところにご旅行日程を入れていただければ
こちらのほうで、ご滞在期間で見れる試合をご提案することもできますし
以下のリンク先に日程をご案内しておりますので、そちらからお問い合わせを頂ければご案内いたします。

ウォリアーズのスケジュールからチケットのお問い合わせ

できればご観戦の目的など、出来るだけどのようなご観戦をされたいかなど教えていただければ
アレンジのイメージが膨らみますので、ピックアップするべきお席も変わってまいります。
(小さいお子様がいらっしゃる場合は、できれば通路側などのお席をご用意したいですし、ご旅行の形でお勧めのお席も変わります)

ご案内の流れ

(1)まずは、お問い合わせフォームやこちらのページの下部よりご希望の試合についてお知らせください。
必要な情報は、ご観戦をご希望される試合(またはご旅行日程)、後は、枚数は大変重要です。
2枚と3枚ではお取りできるお席は全然異なりますし、値段も変わります。

(2)イベントの内容によっては1営業日から3営業日以内を目安にお取りできるお席をご案内いたします。
お取りできるお席のセクション、列、総額をまとめたものをご案内いたします。

(3)ご案内の中でご希望のものがあれば、予約フォームよりお申込みいただき、お手配をいたします。

(4)ウォリアーズのチケットはQRコードタイプでの発券となりますので、準備ができ次第、QRコードのチケットをご送付いたします。

(5)チケットだけあれば、観戦はできますが、内容のある観戦をしていただくためには多少なりとも観戦の基本情報が必要です。
観戦の基本的な情報や会場までのアクセス方法など基本的な情報に関してはお手続き完了後、ご郵送いたします。

 2017-2018シーズンのウォリアーズのチケットの発券方法

今シーズンウォリアーズは、PDFタイプのチケットの発券をなくしております。

そのため、チケットは、基本的には、QRコードでお届けする形となります。
ご入場の際にはスマートフォンが必要になります。
スマートフォンをご利用されてない場合は、必ず事前にお知らせください。

チケットのお受け取り方法

QRコード

ご観戦に必要なもの

スマートフォン

QRコードを紙にプリントしたものでは入場できません。
スムーズにご入場されるためには、スマホへの表示となります。

チケットの購入の際に注意点

チケットのご購入で最も大事なポイントは、購入後はキャンセルができない、これだけです。

どのイベントでもチケットは一度購入されると、発券状況に関係なく、キャンセル、変更ができな いものとなります。
そのため、ご購入の前が唯一ご検討を頂ける時間になります。
折角の観戦ですので、じっくりご検討いただく時間をご提供することも手配の1つです。
もし何かご不明な点などあれば、事前にご相談ください。

NBAのチケットの販売方法

まずは、一般的にNBAのチケットがどのように販売されるかというのをご説明いたします。
球団にとって最も大事な販売方法は、シーズンシート(年間41試合+プレシーズンマッチ2試合のホームゲームをまとめて買う)の販売となります。

人気チームになると、シーズンシートで多くの座席を完売させます。

あまり人気のない球団も、基本的には、ハーフシーズンや、人気カードを組み合わせた複数試合のパックでチケットを販売していきます。

その上で、あまりが出たものが、1試合1試合で販売される定価チケットという形になります。

1試合、1試合買うファンのためのチケット

私たち日本人が日本からNBAを観戦に行く場合に、どのような買い方をすると良いかというと
まずNBA観戦チケットを買う場合、大きく分けて2つのタイプのチケットが存在することを頭に入れておいてください。

1つは、球団が販売する日本でいう「定価チケット」です。
英語だと、Single-Game Tickets、Individual Game Ticketsと記載されます。
これは球団が価格を決めて販売するもので、チームの公式ホームページなどから買うことができます。

ただ、上記で説明したように、NBAのチケットは、シーズンシートを中心に販売を行います。
ですので、定価チケットの発売日だからと言って、全部の席が買えるわけではなく、人気チーム、人気カードは、既に売り切れていることもあります。

もう1つは、シーズンシートを買ったファンなどが行かない試合を再販するリセールチケットです。

アメリカのイベントは、NBAに限らず、シーズンシートの販売が各チームの柱になっております。
NBAの場合は、ホーム試合が41試合と多くなり、すべての試合を観戦するのは、いくら地元のファンでも難しく
球団としては、スタジアム内の売り上げも大きな収入源になりますので、球団として再販チケットを公認しております。

チームの公認のサイトには、チームロゴなど公式であるニュアンスが感じ取れるデザインになっています。
リセールチケットは、いろいろなサイトが氾濫しており、そのすべてを球団が公認しているわけではありません。

ご自身でご購入されようという方は、とにかく公式から買うことを意識してください。
観戦チケットだけは、同じチケットで値段の安いサイトで買うという選択肢は取らないでください。
公式サイトが結果的に安ければいいですが、ご自身で買う場合の最優先順位は安全性です。

定価チケットとリセールチケットの違い

定価チケット

価格は球団が決める
近年は、対戦カード、開催日などの人気により価格が変わる
チームによっては、イベントの人気度により、開催日が近づくにつれて値段を上げることがある
球団が販売するチケットのため、完売がある
余りがあれば窓口で買える

リセールチケット

価格は、ファン(売り手)が決める
価格をファンが決めるため、同じ座席でも価格に差があることがある(初めての場合はわかりづらい)
掲載価格以外のサービス料がかかる(15%から30%前後)
人気が高くなるとチケット代が高くなるものの、基本的には完売はない
リセールチケットは窓口では買えない
公式のサイトと、アンオフィシャルなサイトが氾濫している市場のため、買うサイトが大事

オラクルアリーナの座席からの見え方

オラクルアリーナの座席の見え方のイメージとなります。

sec_224_5 sec_204_5 sec_216_10
2階席のゴール裏の見え方のイメージです。 2階席のコーナーからの見え方のイメージになります。 2階席のサイドの見え方のイメージです。
sec_121_122 sec_112_15 sec_128_15_2
1階席のゴール裏の見え方のイメージです。 1階席のコーナーの見え方のイメージです。 1階席のサイドの見え方のイメージです。

日本の会場とどのぐらいの違いがあるか

 

座席表

オラクル・アリーナ 座席表  印刷に適したPDFファイルはこちらから→  (別ウィンドウで開きます)

 

コートサイド観戦サポート

せっかくのNBA観戦、どうせなら、多少高くても最高の座席で観戦したい、そんなお客様の声をお聞かせいただきます。
アメリカンスポーツ観戦ツアーズでは、ただ、高い座席を手配するだけではなく、スタッフが可能な限り実際体験し、その上でお席のご説明をさせていただいております。

コートサイド・シートとは

NBAのコートサイドというカテゴリー(コート近くのお席)は、その座席ならではの特別感を味わえます。ケビン・デュラント

コートサイド・シートは、非常に高額です。
チームによっては、1試合で1000ドル以上超える座席もございます。そんな高額なシートになるからこそ
どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるかしっかり納得してご購入いただく必要があると思います。

アメリカンスポーツ観戦ツアーズでは、こちらの会場のコートサイドは体験済みのため
豊富な情報をもとにお席のご紹介が可能です。

オラクル・アリーナのコートサイド・シートは、おおよそ、サイド、ゴール裏の前の7列ぐらいをさします。
このうち、コートに付いた2席は、コートサイドの中でも特別になりますので
基本的には、その後ろの座席でのご観戦となります。

魅力はやはり近さになると思います。
特に、東海岸でこの距離感で観戦すると、ちょっと桁が変わるのですが
ウォリアーズはカードによっては比較的リーズナブルに抑えられます。
そういう点からも、もし目的の選手を見るのであれば、平日のそれほど人気のないチームとの対戦を組み込みのが安くいい座席でみるコツともいえます。

レストランアクセスはありますが、飲食は付いておりません。
(前の2列は飲食込みのようですが、コートサイドの3列目から7列目はサイド、ゴール裏とも飲食込みではないようです)

ハネムーンでNBA観戦をご検討のお客様、または、NBA観戦だけのためにご渡米をお考えのお客様など
お席の魅力を伝えつつ、ご要望にお応えできるように最大のサポートをさせていただきます。
一生に一度の観戦にふさわしい座席、一生心に残るお席をお探しできればと思います。

会場へのアクセスについて

BART(バート)

オラクル・アリーナへは、サンフランシスコを拠点にするのがベストです。
オークランドのエリアになりますが、オークランド自体は観光都市ではありません。
そのため、無理に会場の近くに泊まるよりサンフランシスコを拠点にするほうが、安全性も高くなります。

サンフランシスコを拠点とする場合、もっとも便利なのが、このBART(バート)です。
サンフランシスコのダウンタウン中心部と
オークランドのイベント会場(オー・ドットコー・コロシアム、オラクル・アリーナ)を20~30分ほどで結びます。

最寄の駅は「Coliseum/Oakland Airport」(コロシアム/オークランド・エアポート)サンフランシスコからは
フリーモント方面行き(ブルーとグリーン)に乗っていきます。

ゴールデンステイト・ウォリアーズについて

チーム創設は1946年。70年代までにBAAを含めて3度の優勝を達成し
80年代末にはハーダウェイ、リッチモンド、マリンの“ランTMC”で一時代を築き
近年ではカリー、トンプソンのスプラッシュ・ブラザーズを中心にNBA優勝に輝いています。

NBA記録となる73勝を達成したチームに、新たにケビン・デュラントが加入し
先発4人がオールスターという強力な布陣で挑んだ2016-2017シーズン。
3年連続となる60勝超えを達成し、ウエスト首位でプレーオフに進出。
プレーオフでは、ファーストラウンドから1度も負けることなくファイナルに進出しました。

史上初の3年連続同一カードとなったキャバリアーズとのファイナルでは
4大スポーツ史上最長となるプレーオフ15連勝を達成し、キャバリアーズに昨年のリベンジをはたして
3年で2度目となる優勝に輝きました。
今シーズンのウォリアーズが目指すは、チーム史上初となる連覇です。

 

このツアーに関するお問い合わせ

間違っていると連絡できませんので、よくご確認ください!

イベント名 : 【2017-2018シーズン】ゴールデンステイト・ウォリアーズ観戦チケットのお手配
日程 : 2017年10月17日  ~ 2018年04月07日
※この日程はモデルプランです。お客様のご希望にできる限りお答えしたいと思いますので望まれる日程があれば、お書きください。
ご希望の日程 :
必須人数 : 人 (10人以上の場合は「それ以上」を選択の上、下のコメント欄に記入してください)
必須お名前 :
必須メールアドレス :
必須お住まい :
必須電話番号 :
回答方法 :
コメント :

注意事項

  • 注意事項はこちらをごらんください


お客さまの声 打ち合わせを楽しもう